視力回復はできる! メガネ 、コンタクトに頼らなくても 
アイトレーニングイメージ

2014年11月30日

視力低下、近視が進む 本当の原因、ある習慣を子供の内に身に付ければメガネ不要。


近視です、

 眼が悪くなる、目の病気  は色々ありますが

  現代人の 目の病気は 圧倒的に 近視です。



ここでは 

 生まれつき近視じゃなかったのに

  生活習慣で(特に子供のうち) 視力低下 が 進む 原因について 

   どうすれば メガネや手術に頼らずとも はっきり見える のか

    についてお話します。    


Landolt.jpg



 
視力低下 近視が進む原因は 昔から色々言われています。

皆さんも 子供のとき親や先生から色々言われませんでしたか?

「テレビのみすぎ」

「漫画ばかり見ていたからだ」とか

「暗い所で本を読んではいけない」とか

「テレビは離れて見ないとだめだ」 とか 

「時々、遠くの景色を見ろように」 とか 

「人参を食べろ」 とも言われましたよね。

  ビタミンAが豊富だから、あるいは好き嫌いをなくす為でしょうか。


今時の子供でしたら

「パソコンやスマホのやりすぎ」

「テレビゲームのやりすぎ」

「動画の見すぎ」

  などとよく言われます。


ところが

色々 言われている中には 無い
   
 視力低下 の決定的な原因があります。

それは




 長時間 近くの1点だけを見つめすぎているため。

  (即ち 目の使い方が 大変偏っている為)

   そんな癖が身についている。 

   知らないうちに無意識で身についてしまっている為です。


肩がこる姿勢をずっと続けていると

 肩がこって 腕が上がらなくなりますよね。

   そんなときは 肩をもんだり 腕を回して肩こりを解しますね。



同じように 長時間 近くの1点だけを見つめすぎている

  目の周りの レンズを調節している 筋肉

   こってしまい ピントを調節し辛くなります。

img-tp21-1.gif


目の周りのピントを調節する筋肉も

  長時間 近くの1点だけを見つめすぎていると こります。


一点を見つめ過ぎない(目の周りの筋肉がこらない)

  癖を身に付けましょう。


目の周りの筋肉のこりを解す方法は

>> 目の玉を動かす運動 だったり


>> まぶたの瞬き運動 だったり

>> 遠くをみたり

ON_eyetr9.gif


>> 動きを目で追う運動 だったり

ON_hachinoji.gif 


>> 目の奥の疲れを揉みほぐす運動 だったり

mizuuonopouzu.gif



・疲れたら目をつぶって 休める事も大切です。

  
ON_eyetr2.gif


>> 目のレンズが乾いてドライアイ ならないようにしたり

 

・目の周りを暖める、あるいは 指圧して
 血行をよくするのもお勧めです。
 

この癖が身につかないと

 メガネ や コンタクト で視力矯正 して

  一時的に視力が回復しても 

  しばらくすると 視力が再び低下します。


大切なのは 子供のうちです。

 個人差がありますが 人は 成人になるまでに 近視が進みます。

  是非、子供のうちに 近視にならない癖を身につけたいものです。

   大雑把ですが 将来メガネに頼るかメガネ無しで済むかは
 
    視力低下 0.7 迄が 目安の用です。


siryokukyousei.gif




ところが 子供っていうのもは 

 分かっていても 痛い目に合わないと 

  中々 そうしないですよね。


目に関しては 痛い目(視力が0.7 より低下して) あってからでは   

 遅い、メガネが必要になります。
 
megane.gif


子供に   近視にならない癖を身につけさせるには

 眼科の医学ではなく 経験と実績に基づいた

 >> 特別なテクニックが必要です。
 






>

スマホ 携帯ゲーム パソコン TV やりたい放題なのに

なんでだろう?  ( ̄0 ̄)゛

 
>> 視力が落ちない 近視にならない子がいる
 

  

posted by 面白い猫 at 16:41 | Comment(1) | 子供の視力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり幼いころからちゃんとした視力を手に入れる事が大事なんですね。子供の頃から普通で健康的な生活をするのってとても大事なんですね。再認識しました。
Posted by 天沼@幼児の視力低下 at 2014年05月30日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

記事の下部です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。