視力回復はできる! メガネ 、コンタクトに頼らなくても 
アイトレーニングイメージ

2013年06月27日

歳をとって 視力が落ちる、目が見えにくくなる  iSP再生医療 を受けられるのはいつ?


40代以上の皆さん

 歳を取って見えにくくなる目の病気が

  iSP再生医療 で 治してもらえる様になるには

   少なくとも10年以上先 と思われます。 


2013/6/27(木)日本経済新聞一面 に

  こんな見出しが掲載されていました。

「iSP 初の患者治療」

「厚労委、研究承認 目の難病向け」


朝の トクダネでも報じていました。
 




 omoshiroineko_v6




















あの 

iPS細胞を使った世界初の治療が
 
 2014年夏をメドにはじまるそうです



 視力が低下した


 物がゆがんで見える


 視野が狭くなった


 最悪失明する


 そんな目の難病に苦しむ 

  50歳以上の6人が対象となり 臨床研究が始まります。




 誰もが一般の病院で治療を受けられるになるには

  まだまだ時間が必要だそうです。 
 

  10年後くらいではないでしょうか。当サイトの予想です。


iPS細胞 の研究と言えば

 
ノーベル医学・生理学賞を受賞した   
 
 >> 京都大学の 山中伸弥教授 


 >> 今までは ずっと研究段階でしたが


この度

理化学研究所 の高橋政代プロジェクトリーダーと

 先端医療振興財団(神戸市)が

 iSPを使った再生医療 臨床研究段階へと 入るのだそうです。



 成功すれば

  目だけではなく 色んな難病治療への応用が
 
 期待されます。


 omoshiroineko_v61



















歳をとって 視力が落ちる

 目が見えにくくなる 目の難病って

    どんな病気なのでしょうか。


目の奥の 網膜

 その 

  網膜の中央にある 目の黄斑(おうはん)という部分は


  ものを見るために一番重要な部分です。


 人間歳を取ると その黄斑(おうはん)に 異常が起きる 

 そんな 目の病気の事を

 
 加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)


    と言うのだそうです。

  早い人で40代からかかる事もあり

   日本には70万人もの患者さんがいるそうです。


 今までは 進行を遅らせる治療はありましたが

 根本治療は望めなかったそうでう
  

少なくとも 10年は

 加齢黄斑変性 を 予防しましょう。

 その為には
  
  >> 禁煙 や お酒の飲み過ぎを改めます


  >> 目に 必要な 栄養の 補給
 
  
  >> 目に良い運動
  
 

  >> 目に良いヨガ


   を心掛けましょう。


スマホ 携帯ゲーム パソコン TV やりたい放題なのに

なんでだろう?  ( ̄0 ̄)゛

 
>> 視力が落ちない 近視にならない子がいる
 

  

posted by 面白い猫 at 22:33 | Comment(0) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

記事の下部です。