視力回復はできる! メガネ 、コンタクトに頼らなくても 
アイトレーニングイメージ

2013年06月08日

【このサイトの開設理由】メガネ、手術、眼薬に頼らない 視力回復トレーニングの習慣化


皆さん こんにちは 

作家志望の、フリーターですが

  >> 小さな学習塾の講師をやっています。


  imechyara_220_R.gif


福山雅治 主演の ガリレオ みたいに

 賢い訳ではありませんが、

  近眼で メガネをかけています。

以前は 視力がどんどん低下して

 メガネの度を上げる為 

   毎年レンズを買い替えていました。

    累計金額 数十万円!  エーッッ!!Σ(゚ロ゚ノ)ノ

  しかも 
疲れ目が酷く  眼薬 に頼っても治らず

    気のめいる日々が続きました。(´@ω@`)



それが今は 
(⌒O⌒)

 目薬には頼らず 視力低下が止まり 

  メガネを買い替える事もありません。 



理由は

 
  視力回復トレーニング

                  です。


時々 メガネを外して


 >> 目の玉を動かす運動


 >> 近くから遠くへとピントを変える運動

 
  >> 動きを目で追う運動


 >> 瞬き運動


  をやっています、朝起きた時とか、

    パソコンやテレビ を一時間おきにお休みして。

     朝晩の歯磨きの様に習慣的に。(^-')○゙



ON_hachinoji.gif

ON_eyetr2.gif





思えば・・・・

 高校生の頃 ゲームのやり過ぎが災いして 

  教室の一番後ろの席で 

     黒板の字がはっきり見えなくなってしまいました。

  授業についていけなくなる 焦りがありました。( ̄□ ̄;)


  先生に 前の席に替えてもらえるよう

   頼んだのですが 
(◎д◎/

   聞き入れられず。(P-;)

   メガネをかけて視力矯正するよう言われました。 

もし あの時

 視力-0.75 の時点で

  
視力回復トレーニング

   って ものを知っていてれば

     大人になった 今頃 

             メガネ無しで済んだと思います。<("O")>



肩こりイライラ 憂鬱 

 に ならないよう

  ご自身の、目の健康の為


 お子さんの目の健康の為、

  視力回復トレーニング

           を 習慣にしましょう。

     ヽ(め.め)ノ




視力が落ちたまま しっかり見ない癖がついてしまうのは

 絶対に良くありません。目も疲れます。 

 

でもだからと言って

 近眼を メガネで 矯正すると 確かに良く見えますが

   レンズで光を屈折させた視力矯正は 

    近くをじっと見続けるのと 同じ事です。



ON_megane.gif



近くをじっと見続けると 

     目が疲れて

      近眼がどんどん進みます。(◎_◎)
       



   img-tp21-1.gif


  
メガネをかける事になっても

 一時間ごとに目を休め 裸眼で 遠くを見たり
 
   眼球 や ピントを動かして 目の疲れを和らげる。

    これだけで目の健康が保てます。 (´めдめ)
    

>> レーシック手術 をすれば

 福山雅治さん の様に

  視力 0.1  が 1.0に回復します。

    >> 詳細はこちら

でも
   目を酷使する癖 を 改めないと

   再び 視力は低下します。(('A`;))


      
私、学習塾の臨時講師もやっていますが

 今の子供達は

  テレビゲームやスマホ パソコンで 

   かなり目を酷使しています。

そんな 子供達に

 目を大切にするように言い聞かせるのですが (`□´)コラッ!
 

   子供って 中々言う事聞きませんよね。 (・ε・)ムー



そんな子供達の

 視力回復 で 実績がある 教材と言えば

   >> アイトレーニング

  です

eyetra.gif


子供の内から 目を酷使しないよう

 癖を身につける様

  大変 良く 工夫されています。



 私がこの プログラムを
 
  >>  最もお薦め

                        と思う理由です。



スマホ 携帯ゲーム パソコン TV やりたい放題なのに

なんでだろう?  ( ̄0 ̄)゛

 
>> 視力が落ちない 近視にならない子がいる
 

  

posted by 面白い猫 at 11:53 | Comment(0) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

記事の下部です。