視力回復はできる! メガネ 、コンタクトに頼らなくても 
アイトレーニングイメージ

2013年07月01日

ドライアイ、って涙が枯れた? ほっておくと恐い! 必ず対策を 



「目がしょぼしょぼしてくる」  (´?д?;`)

「目の異物感」     ( p_q)

「目がコロコロした感じ」 (T_T)

 そんな症状があれば ドライアイ を疑いましょう。

 ドライアイ とは

 単に 「涙が出ない」 という問題ではありません。



目は瞳の表面 の水分の蒸発を 防ぐ

  油膜が覆っています。
   
      (正確にはその上を ムチン という物質が覆っています。)
 

  ドライアイとは

  油膜切れて 水分が蒸発して
 
    目が乾燥してしまう状態です。

  ほっておくと

   黒目(角膜)が傷ついて

      視力低下         や

      感染症 

  を 引き起こすリスクが高まります。

              コェー   W("o")W~


 

img-tp21-3.gif
           


<ドライアイの原因>


・空気の乾燥

 エヤコンのかけ過ぎとか、冬場とか・・・

   思い当たる節はありませんか?



・目の まばたき をしなくなった。
  
  TV テレビゲーム パソコン スマホ 携帯といった
  
  VDT(Visual Display Terminals)作業  で
 
  画面を長時間集中して見続けているうちに

  瞬きを しなくなる傾向があります。
  
  長時間、熱中して じーっと見つめてはいませんか? 

            休みなく・・・  (◎д◎) ジーッと


・コンタクトレンズ

  コンタクトレンズ装着で角膜の水分の蒸発が増えます。
 
  思い当たる節があれば専門医とご相談。



・薬の副作用

  等が挙げられます。


・ムチン不足

 「ムチン」という物質が

   涙は目の表面を均一になめらかに覆います。

  オクラやだ液、納豆などにも含まれています。

   これが不足すると 涙が 凸凹に 分布して

     目から入る光が 乱れて 

       良く見えなくなります。


  Beach20Balls.jpg

   ※ 画像はイメージです。




<ドライアイ対策>



1.意識して 瞬き しましょう。

 思い切り ぎゅっと目をつぶり (≧__≦)


     大きく目を開けて            (O д O )

                 を繰り返します。
  
    >> 瞬き運動 詳細はこちら


2.見直しましょう。VDT画面の作業環境を

 パソコン TV TVゲーム スマホ

   今の時代
 
    目を酷使する事が一杯あります。 



 ・姿勢が前のめりになっていませんか?
   
 ・適度に明るい所で作業していますか?
 
 ・目の休憩時間 を とりましょう。

   肩を揉みほぐすつもりで 

     >> 視力回復運動

 



3.温めましょう

  40度ほどに温めた蒸しタオルなどで目を温めます。

  約10分間程度を目安に。

  睡眠時に目を温める方法として 

   >> 温快 アイマスク  と言う物が お薦めです。


     


   【アイマスク】[立体型 目もと温快アイマスク]奥からじんわり温かい疲れ目ケアのアイマスク♪【ホットアイマスク】【疲れ目】【安眠マスク】【血行不良】【遠赤外線】【目元 マスク】【あす楽】【スーパーセール】【RCP】【marathon201305_ポイント】【☆】


 それでも ・・・・・・・・・・・・

     効果が見られないなら  ・・・・・・・・



4.ドライアイ用の目薬
 
 保湿のための目薬があります。

 涙を目の表面に まんべんなく分泌させる物質

 「ムチン」

  ムチン の 分泌を促進させる点眼薬はこちら

 ● レパミピド 商品名「ムコスタ点眼薬」  保険適用で1000円程度
 
 医師の処方が必要ですので

 お医者さんと相談の上、
使用して下さい。

 あまり眼薬に頼り過ぎない様にね。



(||| ̄▽)/

  私も 昔は 疲れ目に目薬さしていました。

  今は 瞬き運動で 目薬には頼っておりません。
     
      


スマホ 携帯ゲーム パソコン TV やりたい放題なのに

なんでだろう?  ( ̄0 ̄)゛

 
>> 視力が落ちない 近視にならない子がいる
 

  

posted by 面白い猫 at 15:37 | Comment(0) | ドライアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

記事の下部です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。