視力回復はできる! メガネ 、コンタクトに頼らなくても 
アイトレーニングイメージ

2013年05月15日

目の酷使 目の周りの筋肉疲労が 近視を起こします。目を酷使しない様にする点には

目の酷使 目の周りの筋肉疲労が 近視を起こします。


パソコン に スマホ テレビゲームなど

 近くの小さい画面を じーっと見つめ 続けると

  目の酷使になります。


img-tp21-1.gif



目を酷使したり、 無理して見ようとしたりすることが

 筋肉疲労につながるのです。
 
  この目の周りの筋肉疲労 が

    仮性近視 となり 視力低下 弱視となります。







目を疲れさせない為には
 
 ・近くの画面を長時間見続けないで 適当に休む

 ・右左上下 右回り、左回りと 眼球運動をする事

 ・遠くを見つめる事、ピントを近くから徐々に遠くへと

  移動する事。

 ・意識して 瞬きをする事

 ・暖かいタオルで目の周りを温める事です。



動画でも紹介されている視力回復運動



 



見よう見真似ではなく 

 きちんとトレーニングを受けましょう。 

  特にお子さんは 是非受けておきましょう。


>> アイトレーニング







矯正視力

 メガネやコンタクトレンズ に頼る場合

  度 が 合っていなくて ピントが合わない場合も

   目を疲れさせる原因になります。

  

8e7f63e1.jpg


 視力検査を受けて 矯正しましょう。


 しかし 視力低下が進んで どんどん 度 を上げなければ

  ならない場合は 要注意です。

  視力回復トレーニングなどを行い

   矯正視力に頼らない工夫をお薦めします。



 

スマホ 携帯ゲーム パソコン TV やりたい放題なのに

なんでだろう?  ( ̄0 ̄)゛

 
>> 視力が落ちない 近視にならない子がいる
 

  

posted by 面白い猫 at 00:13 | Comment(0) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

記事の下部です。